本の雑誌2017年10月号
59b75796b1b61969040032ee

本の雑誌2017年10月号

¥720 税込

送料についてはこちら

『カラマーゾフの兄弟』で火がついた新訳ブームだが、ではいまニッポンの新訳はどうなっておるのか。というわけで本の雑誌10月号の特集は「2017年、新訳の旅!」。『嵐が丘』で先鞭をつけた鴻巣友季子とダールからケインまでを手がける田口俊樹の新訳裏話対談から光文社古典新訳文庫編集部からの報告、胸がトキめく新訳50作リストに文学、ミステリーのおすすめ新訳、海外文学叢書の国別作家占有度におじさん二人組の翻訳講座潜入記まで、ちゃぶ台返しの25ページ。おっと、忘れちゃいけない、読者アンケート「この本を新訳してほしい!」もあるぞ。さあ、あなたも新訳の旅へいざ、ゆかん! 新刊めったくたガイドは、♪akiraがトンプスンの自伝的小説『天国の南』が眩しい!と目を細めれば、江南亜美子はアーヴィング節炸裂の笑って泣ける人生劇場を満喫。大森望が小川哲『ゲームの王国』を空恐ろしいほどの傑作だ!と断言すれば、若林踏は犯罪小説ファン必読の伊坂幸太郎『AX』を絶賛。北村浩子がさびしくもあたたかい幽霊譚・中島京子『ゴースト』にほっこりすれば、青木大輔は大量殺人を犯した亡き息子への想いを母とともに探求。そして北上次郎は思いがどんどん広がる『君が夏を走らせる』をイチ押し。さあ、大田少年はもう一度走ることができるか。北上おじさんと一緒にどんどん思いを広げてみよう!  今月は「図書カード三万円使い放題!」に漫画家芳崎せいむが登場! 地元横浜の書店で、探していた本から店頭一目惚れ本までわくわく買った19冊とは何か!? 39ページでチェックしよう。そして「文体の科学」の山本貴光の連載がいよいよスタート。ペンを持たぬと本が読めぬ、と公言する書き込み族が魔改造を追究する「マルジナリアでつかまえて」はどこへいくのか。どきどきの展開に注目! さらに黒い昼食会が『ルビンの壺』の真相に迫れば(?)、村上貴史は辻真先の10冊で「大ヴェテランの遊びと謎解きを愉しむ」。穂村弘がゴルゴを弁護すれば、内澤旬子は画像アーカイブで準備万端。何を隠そう、今月は町田文学館ことばらんど「本の雑誌厄よけ展」の公開編集会議でインスパイアされた企画がたっぷり。ちゃぶ台を返せばいいってもんじゃない!本の雑誌10月号で、どちらさんも読書の秋に突入しよう!  ■A5判並製 ■138ページ 《目次》 本棚が見たい! 10月の書店 久美堂本店/10月の本棚 中澤真野 新旧いろいろ面白本/森羅万象の名前が一発でわかる本 椎名 誠 図書カード三万円使い放題!/「あった!!」の喜び 芳崎せいむ  一私小説書きの日乗/新起の章(十四) 西村賢太  特集:2017年、新訳の旅! 対談/ちゃぶ台を返せばいいってもんじゃない! 鴻巣友季子vs田口俊樹  12年目の光文社古典新訳文庫 小都一郎  胸がトキめく新訳五十作はこれだ! 牧眞司  軽焼饅頭とシュークリーム 佐久間文子  新訳プラス1 新保博久  海外文学叢書の国を調べてみる!  読者アンケート/この本を新訳してほしい!  おじさん二人組、翻訳講座に行く!   黒い昼食会/『ルビンの壺』はブレイクするか!? マルジナリアでつかまえて/わが「魔改造」 山本貴光  着せ替えの手帖/画像アーカイブで準備万端 内澤旬子  サバイバルな書物/子供の頃に読んだ『マヤの一生』の衝撃 服部文祥  新刊めったくたガイド トンプスンの自伝的小説『天国の南』が眩しい! ♪akira アーヴィング節炸裂の笑って泣ける人生劇場 江南亜美子 小川哲『ゲームの王国』は空恐ろしいほどの傑作だ! 大森 望 犯罪小説ファン必読の伊坂幸太郎『AX』 若林 踏 さびしくもあたたかい幽霊譚 中島京子『ゴースト』 北村浩子 大量殺人を犯した亡き息子への想い 青木大輔 思いがどんどん広がる『君が夏を走らせる』 北上次郎 本格&警察小説が融合した陳浩基『13・67』にぶっ飛ぶ! 宇田川拓也 あの人気作家5人が犬に変身!? 内田 剛 人が集まってくる本屋「Title」 島田潤一郎 メールと報告書で綴られた宇宙船の危機 山岸真 コミカルで綿密なみなもと歴史譚『風雲児たち』 不破ナルミ 「ユーモアクラブ」調査続報 彩古 「あの日」から2323日ぶりに扉を開く 鎌倉幸子 脂っこさ全開!突き抜け元気雑誌『GG』 原カントくん たのしい47都道府県正直観光案内〜岐阜県・東京都編 宮田珠己 ユーカリの木の蔭で/予選 北村 薫  坪内祐三の読書日記/稲垣足穂が亡くなったのは夏ではなくて十月二十五日だよ 坪内祐三  連続的SF話/カール・マイの冒険小説 鏡 明  南の話/底辺から緊縮へ 青山 南  そばですよ/八月三日、築地もんぜき通りの火事を乗り越えて 平松洋子  鬼花──鬼刑事・花篤好美/鬼花、動く 中場利一  変化する音楽の生態系 円城 塔  悲鳴と溜め息が交錯する『星の子』 徳永圭子  蛍の季節 秋葉直哉  「視て」描かれた医学図譜 風野春樹  ホリイのゆるーく調査/小説家は何歳くらいまで生きていたのか 堀井憲一郎  歩く旅/ハイラルの猿使い 沢野ひとし  辻真先の10冊/大ヴェテランの遊びと謎解きを愉しむ! 村上貴史  掲載図書索引  続・棒パン日常/ゴルゴを弁護 穂村 弘  三角窓口/“俊カフェ”で「二十億光年の孤独」を読んだ日 他 今月の男前 矢部潤子  今月書いた人  今月本の雑誌に遊びに来た人  後記