本の雑誌2017年12月号
new
5a090dc9ed05e63ef6000646

本の雑誌2017年12月号

¥720 税込

送料についてはこちら

特集:人生は「詩」である! ひとは一生のうちに数編の詩を詠むという。詩は人間の血であり骨であり肉なのだ! というわけで、本の雑誌12月号の特集は「人生は『詩』である!」。飲むといつも口ずさむ詩からガリ版で刷られた一編まで、本誌が気になる人々15人に聞く「好きな詩」から、入門詩集10冊に北村薫の詩歌の待ち伏せ総集編、詩人たちに学ぶ処世術にアメリカの詩事情、そしてさわやかおじさん二人組の思潮社探訪記まで、本誌初!の「詩」特集。さあ、冬の夜空に向かって朗読するのだあ!  新刊めったくたガイドは♪akiraがスティーヴン・キングの読書愛スリラーを必読だ!と断言すれば、江南亜美子は若きクッツェーの挑発的なデビュー作をイチ押し。大森望がカタストロフの先を描く神林長平『オーバーロードの街』にぐりぐりの◎を打てば、若林踏は強力新人・今村昌弘の『屍人荘の殺人』にお見事!と座布団三枚。北村浩子が封印していた時間を描く藤野千夜『編集ども集まれ!』をJ保町ともどもおススメすれば、青木大輔は第三帝国という暴風のあとで...ヒライス。そして北上次郎は遠田潤子の魔力が漲る『オブリヴィオン』がすごい!と大興奮。おじさんが読み終えてため息をついているという遠田潤子の傑作を、読み逃さないように。  今月の図書カード三万円使い放題!は尾崎世界観が登場。かつての"戦場"で、動物の生態本から文芸、詩集、タレント本までじっくり買ったのは19冊。なにを買ったかは34ページを見よう! そして今月の読者アンケートは「真冬に読む本」。吹雪の深夜におススメのこわーい本から心あたたまる一冊まで、真冬に備えたい本が勢揃いだ。さらに荒廃都市を闊歩する、ろくでもないやつらを愛する速水健朗が村上龍の10冊に迫れば、マルジナリアでつかまえる山本貴光は攻めの読書で創作エンジン全開。早川書房のノーベル賞まつり全開なるか。さあ、コタツと本の雑誌12月号で読書三昧といこう! ■A5判並製 ■136ページ 【目次】 本棚が見たい! 12月の書店 誠光社/12月の本棚 田中すけきよ 新旧いろいろ面白本/タマネギたまちゃんの健康法 椎名 誠 図書カード三万円使い放題!/本棚の前の時間 尾崎世界観 読者アンケート/真冬に読む本 特集:人生は「詩」である! この詩が好きだ! 角田光代/吉田篤弘/鏡明/柴崎友香/岸本佐知子/浜田真理子/坪内祐三/田口俊樹/沢野ひとし/東直子/大竹聡/永江朗/高頭佐和子/江弘毅/牧野伊三夫 はいろか、やめよか 秋葉直哉 待ち伏せ年代記 北村薫 たくましき近代詩人たちに学ぶ、今を生きるための処世術 Pippo 詩のアメリカ 新元良一 おじさん二人組、思潮社に行く! 一私小説書きの日乗/新起の章(十六) 西村賢太 黒い昼食会/早川書房のノーベル賞三冠まつりだ! マルジナリアでつかまえて/攻めの読書は創作のエンジン 山本貴光 着せ替えの手帖/非スーツと反骨精神 内澤旬子 新刊めったくたガイド キングの読書愛スリラーを必読だ! ♪akira 若きクッツェーの挑発的なデビュー作 江南亜美子 カタストロフの先を描く神林長平『オーバーロードの街』 大森 望 強力新人・今村昌弘の『屍人荘の殺人』にお見事! 若林 踏 封印していた時間を描く藤野千夜『編集ども集まれ!』 北村浩子 第三帝国という暴風のあとで── 青木大輔 遠田潤子の魔力が漲る『オブリヴィオン』がすごい! 北上次郎 新人・櫻田智也の連作集『サーチライトと誘蛾灯』がいい! 宇田川拓也 焼肉大学に麦酒伝来で満腹だ! 内田 剛 楽しくてしかたない古書むしくい堂 島田潤一郎 マイクル・ビショップのメタ・モダン・ホラー 山岸真 罪を犯した人と対峙する『刑事ゆがみ』 不破ナルミ 「個人別領域別談話集録による映画史大系」の意義 彩古 移住・定住者を支える山間地域の図書室 鎌倉幸子 愛が過剰100%でしたたる『ヘドバン』がすごい! 原カントくん サバイバルな書物/体験には善も悪もなく、絶対値としてただそこに存在する 服部文祥 たのしい47都道府県正直観光案内〜鹿児島県・群馬県編 宮田珠己 ユーカリの木の蔭で/話の名人 北村 薫 坪内祐三の読書日記/『ハレンチ学園』と『女番長・野良猫ロック』が同時上映されていたのか 坪内祐三 連続的SF話/詩の記憶 鏡 明 南の話/わたしは一文芸雑誌の発行人 青山 南 そばですよ/茅場町で新潟にトリップ。へぎそば、昼と夜。 平松洋子 鬼花──鬼刑事・花篤好美/ややこしい事は言わないで 中場利一 視点がひっくり返る絵本 円城 塔 鋭い真実を綴る『傍観者からの手紙』 徳永圭子 存在の白桃 秋葉直哉 メリーさんと横浜の裏の歴史 風野春樹 ホリイのゆるーく調査/講談社現代新書で生年を明かしていないのは誰か  堀井憲一郎 歩く旅/だから上海に行こう  沢野ひとし 村上龍の10冊/荒廃都市を闊歩する、ろくでもないやつら 速水健朗 掲載図書索引 続・棒パン日常/本の歌 穂村 弘 三角窓口/まくら持参で丸善ジュンク堂に住みたい! 他 今月の男前 矢部潤子 今月書いた人 今月本の雑誌に遊びに来た人 後記