本の雑誌2019年7月号433号
new
5d01667c054c24518826a25c

本の雑誌2019年7月号433号

¥733 税込

送料についてはこちら

特集:川端賞を救え! 今年の川端康成文学賞が休止になると発表された! 理事長の体調不良と運営基金の危機が主な理由らしいが、短編小説に授与される賞がなくなっては大変だ。なにを隠そう、短編小説は今、川端賞の運営基金以上に危機に瀕しているのである。というわけで、本の雑誌7月号の特集は「川端賞を救え!?」。また偉そうに出たものだが、川端賞とはなんぞやから、川端賞受賞作全56作読破、「新潮」矢野編集長インタビュー、エンタメ編集者の短編小説はいまどうなっているか対談にアンソロジーの楽しみ方、そしておすすめ短編小説十二編まで、短編小説の愉しみをぐぐいっと凝縮した22ページ。さあ、友よ、短編小説を読もう! 新刊めったくたガイドは、小財満が少年たちの物語が交錯する『指名手配』がいいぞ!と拍手を贈れば、林さかなはフランゼン『ピュリティ』のずっしり800ページを堪能! 大森望が感情の機微を細やかに描く菅浩江『不見の月』に唸れば、千街晶之は京極夏彦『今昔百鬼拾遺 鬼』の超絶技巧に驚愕。大塚真祐子が破滅へと疾走する恋愛小説『アタラクシア』に天を仰げば、仲野徹は5億年にわたる植物たちの戦争に感嘆。そして北上次郎はフレドリック66歳の波瀾万丈の日々を満喫。十代の不安が蘇えってくるというおじさんのイチ押しをじっくり味わってくれぃ! そして今月はついに、いよいよ、いや、早くも令和のベストが決定! 令和元年に刊行された本のベスト1はなにか。34ページに注目だ! さらに今月の読者アンケートは久々登場の「私がすすめる一冊」。平成本を本誌読者が総まくりだ。こちらも要注目。さらにさらに黒い昼食会がネタが多すぎて手に負えない!と黒さ二割増しなら、日下三蔵は小説の女王・皆川博子の巨大な山脈をじっくり紹介。鏡明が遠藤書店の閉店を嘆けば、沢野ひとしは神保町の新天地に潜入! 新潮社社食の銀の皿が二か所も出てきて、青木シェフも思わずにっこり。梅雨の合間は本の雑誌7月号で短編小説に溺れよう! ◆A5判並製 ◆136ページ 【目次】 本棚が見たい! 6月の書店 井上書店/6月の本棚 坂野公一 社内座談会/令和のベストが早くも決定!  私がすすめる一冊  新旧いろいろ面白本/旅愁でいっぱいの『深夜航路』 椎名 誠 特集:川端賞を救え!? 異質で変ちくりんな文学賞なのだ! 川口則弘  川端賞受賞作56作完全読破! 尾田栞里  おじさん二人組+尾田栞里、「新潮」矢野優氏に聞く! 編集者対談/妄想を膨らませて読むと短編は楽しい! 新井久幸・川田未穂  短編小説でお気に入り作家を見つけよう! 東えりか  「友」を描く私小説三編 荻原魚雷  想像力の万華鏡と神話的法螺話 牧眞司  老いの哀しみを包む光 佐久間文子  二十歳で読んだブラッドベリの短編 目黒考二  一私小説書きの日乗/堅忍の章(十一) 西村賢太 生き残れ!燃える作家年代記/編集者は雑用係でも上司でも友人でもなく仕事相手でござる 鈴木輝一郎 黒い昼食会/ネタが多すぎて手に負えない! 新刊めったくたガイド 少年たちの物語が交錯する『指名手配』がいいぞ! 小財 満 フランゼン『ピュリティ』のずっしり八百ページを堪能! 林 さかな 感情の機微を細やかに描く菅浩江『不見の月』 大森 望 京極夏彦『今昔百鬼拾遺 鬼』の超絶技巧を見よ! 千街晶之 破滅へと疾走する恋愛小説 金原ひとみ『アタラクシア』 大塚真祐子 5億年にわたる植物たちの戦争がすごい! 仲野 徹 フレドリック六十六歳の波瀾万丈の日々 北上次郎 黒人青年探偵IQが帰ってきた!  宇田川拓也 『季節のない街』で梅雨読書にひたる! 内田 剛 本好き・紙好き猛者の“類友”の輪 坂上友紀 『危険なヴィジョン』衝撃の刊行開始 山岸真 ぐしゃぐしゃに泣く女 岡部 愛 厳めしい店頭ワゴンで面白本を探す! 小山力也 悪魔の文化史からおおらかな世界へ べつやくれい カラダ改造マガジンの本気っぷりに驚愕! 原カントくん ユーカリの木の蔭で/藤崎誠氏 北村 薫 サバイバルな書物/介護と看取り、現生人類の幸福な報い 服部文祥 私がロト7に当たるまで/“なんもしない人”にあこがれる! 宮田珠己 モーター文学のススメ/“大衆”から“ミーハー”へ 速水健朗 マルジナリアでつかまえて/見失われた文字を求めて 山本貴光 坪内祐三の読書日記/普通のソバ屋の冷しきつねソバがおいしいです 坪内祐三 連続的SF話/遠藤書店の閉店 鏡 明 南の話/男の陰には 青山 南 そばですよ/西日が背中を照らす頃「神田川」の歌が聞こえる。 平松洋子 日本SF戦後出版史/日米ソ作家懇談会計画の巻 高橋良平 「土」の力 円城 塔   ミノリさんとワイン 江部拓弥  絵の中、絵の外、その両方 石川美南  遺棄された人間たちの場所 風野春樹  ホリイのゆるーく調査/戦前戦中の岩波文庫のラインナップを調べてみる 堀井憲一郎 神保町物語/神保町の新天地 沢野ひとし 皆川博子の10冊/小説の女王の巨大な山脈 日下三蔵 続・棒パン日常/愛情表現​ 穂村 弘  三角窓口/私の実家には川端康成からの手紙がある!? 他 今月の社食 橋本 恭  今月書いた人 今月本の雑誌に遊びに来た人 掲載図書索引 後記