本の雑誌2019年10月号
5d7b076f00631f401aa7c375

本の雑誌2019年10月号

¥734 税込

送料についてはこちら

特集:人には本屋が必要だ! 駅前書店のみならず、地域一番店や老舗書店の閉店も止まらない昨今、書店のない町はどんどん増えている。だがしかし。それでいいのか。本屋がなくて人は生きていけるのか!? というわけで本の雑誌10月号の特集は「人には本屋が必要だ!」。『書店風雲録』の田口久美子による巻頭言「なぜ街から本屋が消えるのか」から、幸福書房あらため「幸福茶房」店主・岩楯幸雄インタビューに那須高原唯一の書店那須ブックセンターを「応援する会」の愛と真実に迫る突撃ルポ、戸田書店掛川西郷店店長・高木久直と前さわや書店フェザン店店長田口幹人が本屋の未来を語る対談に『ぼくは本屋のおやじさん』を読んで書店を始めたホホホ座代表山下賢二の本屋のおやじ論、そして開店3か月の手作り本屋潜入記に読者の本屋さん体験まで、本屋に行こう!の提言特集なのだあ! 新刊めったくたガイドは、小財満が麻薬戦争三部作完結編『ザ・ボーダー』をなにをおいても読むべし!とイチ押しすれば、林さかなは思わず吹き出す短篇集『黒い豚の毛、白い豚の毛』にあるある。大森望が日本SF短編の最先端、伴名練作品集に五つ星を打てば、千街晶之は世界がひっくり返る下村敦史『絶声』がすごい!と絶賛。大塚真祐子が早助よう子『ジョン』の自在な文体を堪能すれば、仲野徹は進化の偶然と必然のナゾに挑む知的興奮本に目からウロコ。そして北上次郎は残り200ページを一気読み、『マンハッタン・ビーチ』の怒濤の展開にくらくら! さあ、書店店頭で迷いに迷い、えいっとレジに持っていったおじさんの判断を褒めてやってくれぃ! 今月は「図書カード三万円使い放題!」に横山秀夫が登場! 宇宙を思い、庭づくりと旧車を愛する氏が通いなれた紀伊國屋書店前橋店を一周して買った本は22冊。その内訳は35ページだ。そして、本誌初登場・谷口真彦が映画より面白いスタジオジブリの10冊を紹介すれば、桂島浩輔は読物作家ガイドで北村薫の10冊を厳選。「時、普通、表現」がキーワードの北村作品トップバッターはなにか。128ぺージを見てくれぃ! さらに単行本も刊行間近の堀井憲一郎がナルトをネットと持ち込みで秤にかければ、円城塔は全国の団地の"あれ"にわくわく。鏡明が40年ぶりにSF大会に出席なら、本の雑誌は来年オリンピックの前に45周年だ! さあ、とってもめでたい45周年もカウントダウン、本の雑誌10月号を読んで本屋に行こう! □A5判並製 □136ページ 目次 本棚が見たい! 10月の書店 ちくさ正文館書店本店/10月の本棚 大矢博子 新旧いろいろ面白本/地球を覆う微生物の風 椎名 誠 図書カード三万円使い放題!/宇宙と庭造り 横山秀夫 黒い昼食会/この新刊の著者は誰だ!? 憧れの住む東京へ 赤瀬川原平(3)/高度成長期の東京で 岡崎武志  特集:人には本屋が必要だ! なぜ街から本屋が消えるのか 田口久美子  岩楯幸雄インタビュー/町にはピカピカの本屋がなくっちゃね 「那須ブックセンターを応援する仲間たち」とはなんだ? 対談/常にそこにある本屋が必要だ! 高木久直・田口幹人  本屋のおやじが楽しいなんて誰が言った 山下賢二  おじさん+1、本屋lighthouseに行く! 読者アンケート/私の本屋さん体験 一私小説書きの日乗/堅忍の章(十四) 西村賢太 生き残れ!燃える作家年代記/果報は寝て待て 待ちたくなくても寝ろでござる 鈴木輝一郎 スタジオジブリの10冊/映画よりも面白い「ジブリの物語」 谷口真彦 新刊めったくたガイド 麻薬戦争三部作完結編『ザ・ボーダー』を読むべし! 小財 満 思わず噴き出す短篇集『黒い豚の毛、白い豚の毛』 林 さかな 日本SF短編の最先端 伴名練作品集に五つ星! 大森 望 世界がひっくり返る下村敦史『絶声』がすごい! 千街晶之 早助よう子『ジョン』の自在な文体を堪能! 大塚真祐子 進化は繰り返す!? 目からウロコの知的興奮本 仲野 徹 『マンハッタン・ビーチ』の怒濤の展開にくらくら! 北上次郎 あれもこれも覆す相沢沙呼『medium』に興奮!  宇田川拓也 幹事のアッコちゃんに宴会はお任せ! 内田 剛 敬愛する児童文学者は恩師の仲人だった! 坂上友紀 伝説的長篇『パラドックス・メン』がついに刊行! 山岸真 あの魔法アイドルが令和に再び! 岡部 愛 北原蔵書入り決定のカバー装ホームズ本 小山力也 やること地獄からガンファイトへ べつやくれい 昭和の剣士たちの姿に胸が熱くなる! 原カントくん サバイバルな書物/自給自足のハニーハンターが格好いい! 服部文祥 私がロト7に当たるまで/ロトはハトなのか 宮田珠己 モーター文学のススメ/アマチュアリズムを考える 速水健朗 マルジナリアでつかまえて/プログラマの気持ち 山本貴光 ユーカリの木の蔭で/神様のお父さん 北村 薫 坪内祐三の読書日記/えっ正力松太郎と梶山季之って同一人物だったの? 坪内祐三 連続的SF話/四十年ぶりのSF大会 鏡 明 南の話/本の取説 青山 南 そばですよ/キーマカレーとそば。ツンデレ感で攻める夜の味。 平松洋子 鬼花──鬼刑事・花篤好美/オンマ イズ オーバー(3) 中場利一 全国の団地の“あれ”円城 塔   帰郷 江部拓弥  鬱々と、飄々と 石川美南  失われたアートの美術館 風野春樹  ホリイのゆるーく調査/ネットと持ち込みはどっちが高いか 堀井憲一郎 神保町物語/東方書店の夏 沢野ひとし 北村薫の10冊/時、普遍、表現 桂島浩輔 続・棒パン日常/レビューの怖さ 穂村 弘  三角窓口/完全予約制「なタ書」で古本が買いたい! 他 今月の社食 橋本 恭  今月書いた人 今月本の雑誌に遊びに来た人  掲載図書索引 後記