本の雑誌2020年3月号441号
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

本の雑誌2020年3月号441号

¥734 税込

送料についてはこちら

特集:文学館に行こう! 全国文学館協議会編の『全国文学館ガイド』によれば、日本には六百六十余もの文学館があるそうだが、しかし。では文学館とはいったい何なのか!? というわけで、本の雑誌3月号の特集は「文学館に行こう!」。現地特派員とカメラマン、そしておじさん1号で結成された急造おじさん三人組による金沢三文豪記念館+石川近代文学館探訪記から、北海道から九州まで全国九ブロックの文学館を絶品おみやげ付きで紹介する偏愛文学館ガイド、そして文学館の仕事がまるっとわかる学芸員対談まで、文学館のすべてに迫る特集なのだ! 新刊めったくたガイドは、小財満がベテラン作家のパーフェクトな私立探偵小説の登場を寿げば、林さかなは内戦の街から自由な場への二人の歩みに共感。大森望が『荒潮』からヨンヒさんまでアジアSF大特集なら、千街晶之は宝石箱のように愛おしい服部まゆみ『最後の楽園』をイチ押し。大塚真祐子が『最高の任務』が描く心地よい景色に浸かれば、冬木糸一は進化と物理法則の繋がりを深堀りする傑作に驚嘆。そして北上次郎は異才・竹宮ゆゆこの異色青春小説に元気百倍! おお、おじさんがそれ以上元気になってどうする? と言わずに54ページを開こう! 今月の黒い昼食会は初版100万部を消化する画期的な方法に言及。短期集中連載「その出版社、凶暴につき 四谷熱血「本づくり」黄金時代」が第二回にして「世界一の出版社」を目指せば、読み物作家ガイドは三橋曉が小林信彦の10冊に挑戦。サバイバルな書物の服部文祥が3号ぶりに帰ってくれば、坪内祐三の読書日記は今回が最終回...。九七年から二十三年、ありがとうツボちゃん。さようなら、坪内祐三。最後の「今月書いた人」も掲載の本の雑誌3月号のあとは坪内祐三追悼大特集の4月号だ!(気が早くてすまない) ■A5判並製 ■136ページ(カラー8ページ) 目次 本棚が見たい! 3月の書店 うつのみや金沢香林坊店/3月の本棚 東雅夫 SF音痴が行くSF古典宇宙の旅/SF好きのティーンエイジャーが陥る二つの罠 高野秀行 その出版社、凶暴につき 四谷熱血「本づくり」黄金時代/「世界一の出版社」をめざす会社 田代靖久 新旧いろいろ面白本/聞いたことのない獲物を捕って食べる同人誌/椎名 誠  特集:文学館に行こう! (急造)おじさん三人組、金沢をゆく!  綾子さんに会いに行く! 宮成珠美  知る人ぞ知るあの人の生誕地 千葉由香  最後の文人が愛した漬物 湯淺健次郎  孫の心でお家探訪 高頭佐和子  充実の“街道文学館” 荻原魚雷  直木愛に彩られた小宇宙 坂上友紀  井伏鱒二の人間性に触れる 穂井田直美  ご当地おすすめ文学館in松山 海田良二  桜島とメルヘン館 徳永圭子  文学館員対談/図書館員ではありません 小田島一弘・佐野晃一郎  一私小説書きの日乗/堅忍の章(十九) 西村賢太 生き残れ!燃える作家年代記/作家には定年がないが明日もないんでござる 鈴木輝一郎 黒い昼食会/100万部をポスティング!? 憧れの住む東京へ 洲之内徹(2)/なにをするにも東京 岡崎武志  新刊めったくたガイド ベテラン作家のパーフェクトな私立探偵小説だ! 小財 満 内戦の街から自由な場への二人の歩み 林 さかな 『荒潮』からヨンヒさんまでアジアSF大特集! 大森 望 宝石箱のように愛おしい 服部まゆみ『最後の楽園』 千街晶之 『最高の任務』が描く心地よい景色に浸る 大塚真祐子 進化と物理法則の繋がりを深掘りする傑作 冬木糸一 異才・竹宮ゆゆこの元気百倍青春小説だ! 北上次郎 怒濤の誘拐スリラーアクション『ザ・チェーン』に驚愕! 宇田川拓也 『あきない世傳 金と銀』で春からメダルゲット! 内田 剛 直木三十五から始まる素敵な出会い 坂上友紀 2010年代日本SFの傑作短篇が集合! 山岸真 「大人になること」が沁みる短編集スズキスズヒロ『空飛ぶくじら』 田中香織 古本神のタレコミで絵本雑誌をゲット! 小山力也 めずらしい図鑑シリーズからFBI心理分析官の手記へ べつやくれい 「中とも」が教えてくれる隣りの国 下井草 秀 サバイバルな書物/人生は困難なのではなく難解なのだ 服部文祥  私がロト7に当たるまで/2020年の蛇の夢 宮田珠己 モーター文学のススメ/意外な共通点 速水健朗 マルジナリアでつかまえて/万能人だってやるときはやる 山本貴光 ユーカリの木の蔭で/残された名前 北村 薫 坪内祐三の読書日記/仙台からの大型バスでボロ市に行くんだって 坪内祐三 連続的SF話/スター・ウォーズの完結編 鏡 明 南の話/ゴミ・コレクターのパフォーマンス 青山 南 そばですよ/そば+立ち飲み+コンビニ。渋谷の歴史を更新して快進撃中。 平松洋子 日本SF戦後出版史/〈SFマガジン〉一〇〇号の巻 高橋良平 古代の地形を復元する試み 円城 塔   題名のないテープ 江部拓弥  ミステリーはどこにある 石川美南  服が人を殺す!? 風野春樹  ホリイのゆるーく調査/新潮文庫の背表紙・赤軍青軍の研究 堀井憲一郎 神保町物語外伝/今年は火鍋の当たり年 沢野ひとし 小林信彦の10冊/時代と大衆文化の観察者 三橋 曉 続・棒パン日常/旅先で本を買う​​ 穂村 弘  三角窓口 映画館で初めて本を買ったのはなぜだ? 即売会の世界 石川春菜  今月書いた人 掲載図書索引 今月本の雑誌に遊びに来た人 後記