大山顕『吹き抜け』
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

大山顕『吹き抜け』

¥1,500 税込

送料についてはこちら

2019年刊行、B5並製、正方形(B5短辺182mmの正方形)、全38ページ。大山顕デザイン&制作写真集。 日本国内+アメリカ、香港、ロンドン、バンコクなどのモールの吹き抜けを収録。 《 ……モールとは内部に街をつくっている「内と外が逆転した空間」だ。吹き抜けにはその「街性」がよく表れていると思う。以来、世界中で吹き抜けを撮っている。妻と旅行に行って、吹き抜けを見つけると「ちょっと吹き抜けてきていいですか?」「うむ」というやりとりが発生する。我が家では吹き抜けを撮ることを「吹き抜ける」と言うのだ。  この写真集には日本のモールをはじめ、「吹き抜け建築」の代表と言うべきNYのグッゲンハイムミュージアムやラスベガスのカジノ、トランプタワーの吹き抜けなども収められている。  一番最後のページは香港のモールの吹き抜けなのだが、これは「吹き抜け映画」と言うべきジャッキー・チェンの『ポリス・ストーリー』のハイライト、電飾を伝って吹き抜けの下まで飛び降りるあのロケ地である。実際に訪れて、ちょっと感動した。(大山顕HPより)》